Shonan Motor Life

生まれ育った横浜の地を離れて湘南に移住してみました。モーターライフと言えるほどの人なのかは疑問ですが、クルマとバイクは大好き。愛猫と愛犬とともに湘南ライフを満喫中!

保護犬の里親になって7ヶ月

f:id:shonan_masaru:20160417082518j:plain

湘南に移住して11ヶ月。

保護犬の里親になって7ヶ月が経過しました。

名前はベリー。

私達が名付けたのではなく、元々の名前です。

 

犬を飼う決意をした時に、ペットショップは考えませんでした。

保護犬の里親になろうと、移住前から夫婦でいくつかの譲渡会に出かけていました。

ベリーとの出会いは湘南T-Site内にあるピースワンコ・ジャパンさんの湘南譲渡センターです。

peace-wanko.jp

 

ここで、ひと目でベリーを気に入ってしまったのですが、既に他の里親候補さんと相談中でした。

それで、何度か通って他の子とお散歩してみたりしていたのですが、私の心中はやはりベリーが気になっていました。

すると、ベリーと相談中だった他の里親さん候補が、相談取りやめになったのです!

益々ご縁を感じて、すぐに申し込み、1週間のトライアル後、無事にベリーを引き取ることになりました。

 

このピースワンコ・ジャパンさんという団体は、本当にきちんとしていて、引き取る前には担当の方が本当に犬を飼える環境の家なのか、生活習慣なのかを確認しに、家庭訪問に来ます。

中にはペット飼育不可の住宅にも関わらず里親の申し込みがあったり、飼育に適さない生活環境のお宅もあるからだそうです。

 

大家さんにも最初に借りる時から犬を飼うことを告げていましたので、我が家は無事に審査をクリアーし、ベリーとの暮らしが始まりました。

あれから7ヶ月。まだまだパピーから飼った子のような底抜けな明るさは無いけれど、かなり信頼関係が築けたと思います。

 

ベリーにはご近所に柴犬のペルー君という彼氏もできました!

毎朝、ペルー君の家のお庭で遊ばせて頂いております。

そうそう、湘南ではこういうご近所付き合いが始まるのが面白いですね。

我が家の大家さんも保護犬を飼い始めたり、お隣さんも保護猫を飼い始めたりしています。

 

ペットを飼おうと思い立った時。ペットショップへ行く前に、あなたの迎えを待っているかもしれない保護犬、保護猫を一度見にいってみてください。