Shonan Motor Life

生まれ育った横浜の地を離れて湘南に移住してみました。モーターライフと言えるほどの人なのかは疑問ですが、クルマとバイクは大好き。愛猫と愛犬とともに湘南ライフを満喫中!

絶景公園

f:id:shonan_masaru:20171124134856j:plain

f:id:shonan_masaru:20171124134912j:plain

f:id:shonan_masaru:20171124134928j:plain

f:id:shonan_masaru:20171124135327j:plain

我が家からクルマで10分ほどの場所にある絶景公園に愛犬を連れて初めて行ってみた。

ハンバーガーとコーヒーでランチをしただけなのだが、マジ気持ちいいいいいい公園!

公園全体がものすごーく手入れが行き届いていて感動だった。

次回はワインとチーズを持って自転車で行ってみよう。

Dynamicモードが一番乗りやすい

f:id:shonan_masaru:20171120091845j:plain

www.alfaromeo-jp.com

そして「Dynamic」モード。これを選ぶと、エンジンはアクセルの踏み込み量に対して敏感なレスポンスを見せ、グッとパワフルになり、他のモードをチョイスしているときと較べ、より素早く力強い加速を示すようになります。ステアリングも重さを増して、かなりダイレクトなフィーリング。ESCなどのアクティブセーフティ機能はドライバーがミスをしたときにはしっかりと救ってくれるものの、ある程度の領域まではドライバー自身がコントロールを楽しむことを許容してくれます。つまり、クルマが元々持っているスポーティなキャラクターをハッキリと体感させてくれる“お楽しみ”モード、といえるでしょう。まるで「これが真実の姿だ」と言わんばかりに、熱い走りを楽しませてくれるのです。 

Nモードはレスポンスがあまり良いとは言えず、はっきり言って乗りにくいので常にDynamicモードで乗っています。これはジュリエッタでもそうで、渋滞にでも嵌まらない限りはDynamicモードです。

 

4Cは本当に楽しいクルマ。

特にタイトコーナーの連続するようなワインディングでは強烈な回頭性で素晴らしいハンドリング。それが4Cなのですが、高速コーナーや高速走行は轍にハンドルを取られるとどっかいっちゃいそうで、やはりかなり怖い!アライメントセッティングでどうにかならないだろうか。

 

f:id:shonan_masaru:20171121174738j:plain

木の家の保温性

f:id:shonan_masaru:20171114091524j:plain

全て天然木と漆喰で建てられた平屋の我が家。

木の見た目も良いのですが何と言ってもその保温性には驚き!

冷え込む夜はペレットストーブを点火して寝る前に消火すると朝までポカポカ。

 

夏は涼しく冬は温かい。 

 

これは木材には細胞構造で空気が多く含まれていて、熱を伝えにくいからですが、熱伝導率はコンクリートのわずか10分の1、鉄の400分の1らしい。

 

木の家、いいです。

ガレージ内スペース

shonan-masaru.hatenablog.jp

f:id:shonan_masaru:20171107160835j:plain

f:id:shonan_masaru:20171107160904j:plain

シャッターまで20cm程。

f:id:shonan_masaru:20171107160945j:plain

人がなんとか立てるぐらい。

f:id:shonan_masaru:20171107161019j:plain

まだ余裕あり。

f:id:shonan_masaru:20171107161041j:plain

こちらも余裕。

 

あともう少し大きなガレージだったらなーと思うものの、入るとなると詰め込みたくなるので、これでいいのだ。

もう少し歳を重ねたら、いつかはクルマ1台にするしね。

箱根はすぐそこ

f:id:shonan_masaru:20171105120728j:image

f:id:shonan_masaru:20171105120738j:image

この時期の箱根はとても美しい。

秋晴れ最高!

4Cカーボンパーツ装着とローダウン

shonan-masaru.hatenablog.jp

shonan-masaru.hatenablog.jp

5月に発注した4Cのカーボンパーツがやっと全部揃ってTEZZOさんにて取り付け完了です。まさか半年もかかるとは。。。ww

f:id:shonan_masaru:20171104184044j:plain

メータートリムとパドルシフター。

f:id:shonan_masaru:20171104184126j:plain

ドアーパネル。

f:id:shonan_masaru:20171104184158j:plain

センターコンソールとギアセレクター。

f:id:shonan_masaru:20171104184250j:plain

フロントグリルインサートトリム。

 

カーボンモノコックむき出しの4Cにはやはりカーボンパーツがとてもお似合い。

特にインテリアは運転中に見えるところなので、気分は上々です。

 

f:id:shonan_masaru:20171104185243j:plain

アイバッハのローダウンスプリングも取り付けました。

下がったのは10mmぐらいかな?乗り心地はあまり変わりません。若干硬くなったぐらい。いい感じです。

 

f:id:shonan_masaru:20171104185405j:plain

こちらがローダウン前のビフォー車高。

たったの10mmですが、されど10mm。見た目が少し引き締まりました。

本当はもう少し下がってタイヤにフェンダーが被るとカッコいいんだけど、ストリートでは普通にコンビニに入れたりするのが大切だと思っているので、このぐらいでしょうか。

 

この先ショックがヘタった時には車高調にしたいと思います。

 

ガレージの肥やしになる前に

f:id:shonan_masaru:20171030141734j:plain

今はちょうどAlfa4Cが各種カーボンパーツ取り付けのために出払っているが、今週末には戻ってきて、XL1200Sの前に駐車することになる。

もう本当にガレージ内がパッツンパッツン!

4Cとジュリエッタとディアベルは簡単に出し入れできますが、一番奥のXL1200Sに乗ろうとすると、、、

 

1. 4Cを出す。

2. ディアベルを出す。

3. ディアベルのスタンド(フロントホイールクランプ)をずらす。

4. XL1200Sを何度か切り返しながら外に出す。

5. 4Cをしまう。

6. ディアベルをしまう。

7. やっと外出。そして帰宅。

8. 4Cを出す。

9. ディアベルを出す。

10. 何度か切り返しながらXL1200Sを所定の位置に駐車する。

11. ディアベルのスタンド(フロントホイールクランプ)所定の位置に戻す。

12. 4Cをしまう

13. ディアベルをしまう。

 

とまぁこんな事になるので、余程の事が無いと乗る気にはならず、ガレージの肥やし化は目に見えてるわけだ。(たまにはエンジンかけないとだけどね)

なのでヤフオクに出品したけど、これから寒くなるから、、、売れないかもな。

今まで乗ってきた5台は全てヤフオクで売却してきたのだが、何故かバイクは暖かくなってくると売れるんだよね。

 

サイドナンバーを止めて中央に持ってきたことでよりシンプルでスリムになったぞー

f:id:shonan_masaru:20171030155750j:plain