Shonan Motor Life

生まれ育った横浜の地を離れて湘南に移住してみました。モーターライフと言えるほどの人なのかは疑問ですが、クルマとバイクは大好き。愛猫と愛犬とともに湘南ライフを満喫中!←2017年に湘南から西湘に移住しています。

SR400 VMX マフラー

shonan-masaru.hatenablog.jp

f:id:shonan_masaru:20180423091715j:plain

f:id:shonan_masaru:20180423091735j:plain

現在製作中のSR400VMXはスカチューンなので、フレームの内側を通すアップマフラーで製作して頂いております。

 

SRといえば世界中のカスタムビルダーが様々なスタイルを創造していますが、Deusのシドニー本部でビルドされたこちらのSRは、なんとツインマフラー!!

シングルなのにツインマフラーに分離させるとは、、、

f:id:shonan_masaru:20180423094104j:plain

f:id:shonan_masaru:20180423094124j:plain

www.bikeexif.com

ぶっといタイヤがカッコいい。

スクランブラーというよりもモタードですね。モタードもいいなぁ。

 

しかし、俺はSRが完成したら走りたい林道があるのでVMXスタイルでいいのだ。

www.bikebros.co.jp

 

楽しみ!

 

Rust Harvest

shonan-masaru.hatenablog.jp

f:id:shonan_masaru:20180420093852j:plain

ガレージに有孔ボードを取り付けてから調子に乗って色々とサインプレートを飾ってみたのだ。

 

アンティークなテイストの物が好きなのだけれど、本物のヴィンテージ看板となると、とってもお高いんですよ。

最近はサビサビな雰囲気を印刷で再現した「アンティーク風」なブリキサインプレートが売ってます。

本当にサビているわけではなく、雰囲気を出した新品です。

うちのガレージのハーレーとBMWのブリキサインプレートも「風」なやつです。

(JEEPとPIAGGIOはウッド看板)

f:id:shonan_masaru:20180420094532j:plain

 

しかし、印刷でのサビ再現というのもあまりにも「なんちゃって感」なので、、、

f:id:shonan_masaru:20180420101228j:plain

アスファルトに擦りつけたり踏んづける、紙やすりで擦るなどしてコーティングを剥がして屋外に放置して、本気で錆びさせてます。ww

 

あとはサビ塗装という手法もありますね。

【全部教えます!錆塗装のやり方を大公開!】【はじめてのサビ塗装教室】【エイジング塗装】〜世田谷ベースで所さんがやってたサビ塗装に挑戦!〜 大人気の錆塗装塗料(エイジング塗料)を好評販売中 アメリカ雑貨のテーマパーク!キャンディタワー

 

木の板をアンティーク風な錆プレートにリメイク塗装した事例 - 塗り方・塗装DIY事例から塗料を選べるサイト「How to paint」

 

楽しそう!

 

と、サビについてググっていたら、‪川崎の工場地帯でサビを「養殖」して一点ものの家具やアクセサリーをつくる錆のプロジェクトを発見したのでご紹介します。

 

Rust Harvest Furniture Vol.1 | studio yumakano

Rust Harvest Furniture Vol.2 | studio yumakano

Rust Box | studio yumakano

Rust Collecting | studio yumakano

Rust & Basis Metal | studio yumakano

 

That’s a cool !!

DUCATI 400SS ClassicRacer

SR400 VMX はまだ製作中なのだが、気がつけばうちのガレージには中型バイクが3台いる。

 

中型は1985年式 Vespa PX200 GSスタイル、1997年式 SR400 VMXカスタム、そしてこの1994年式 DUCATI 400SS ClassicRacerカスタムと、大型は1987年式 BMW R100RSカスタム、2001年式 Harley-Davidson XL 1200S スクランブラーカスタムで、5台ともカスタムバイクですが、はっきり言ってどれもこれも遅いバイク。

 

f:id:shonan_masaru:20180416103044j:plain

f:id:shonan_masaru:20180416103119j:plain

f:id:shonan_masaru:20180416103625j:plain

このDUCATI 400SSはエンジンを載せ替えたり、各部をオーバーホールしてClassicRacer風に仕立ててあります。

 

ハリスアッパーカウル、F3タイプシートカウル、900SSガソリンタンク、前後カーボンフェンダーワンオフアンダーカウル、ブレンボキャリパー、ミシュランpilotpower
、リヤサスOHLINS、KEIHIN FCRキャブレター、エンジン結晶塗装、2IN1ショートメガホンマフラー、motoplanカーボンセパハン、motoplanバックステップ、ハイスロットルKIT、オイルクーラー、ブレンボクラッチマスター、ホイール黒パウダーコート、アルミバッテリーケース、、、、などなど書ききれない。

400SSにお金をかけてここまで仕上げる方もなかなかいないでしょう。(汗)

 

遅いということで、スロットルを全開にするのも躊躇なく、レッドまで回したりと色々と楽しめるし、ワインディングでコーナリングを楽しむのもこのバイクの一番の使用目的。

一般的な湿式クラッチを採用しているので気も使わないし、街乗りも問題なし。

 

但し、、、ハンドルの切れ角が極端に少ないのでUターンとか絶対無理!

交差点がやっと。ww

 

あと、ポジション。

少しは慣れたけど、めっちゃ首にくる!ww

伏せて高速道路走ってる時は気分が出ていいのだが、、、

 

f:id:shonan_masaru:20180416110038j:plain

f:id:shonan_masaru:20180416110132j:plain

 

だが、箱根が近所なのだから、これでいいのだ。

LIFESTYLE with my DOG!

f:id:shonan_masaru:20180412093445j:plain

shonan-masaru.hatenablog.jp

保護犬2頭目のお迎えトライアルが終了し、晴れて正式にうちの子になりました!

 

f:id:shonan_masaru:20180412093816j:plain

見た目は似ているけど、性格は全然違っていて面白い。

 

f:id:shonan_masaru:20180412095209j:plain

この子は推定年齢が2歳?ということもあってとても甘えん坊。

 

f:id:shonan_masaru:20180412095251j:plain

多頭飼いの家族円満の秘訣は、それぞれの個性を尊重した接し方。

 

SR400 VMX 製作状況

f:id:shonan_masaru:20180410100304j:plain

f:id:shonan_masaru:20180410100409j:plain

f:id:shonan_masaru:20180410100434j:plain

f:id:shonan_masaru:20180410100505j:plain

f:id:shonan_masaru:20180410100551j:plain

カラーリングはヤマハらしくスピードブロックを入れます。

昔はインターカラーって呼ばれてました。

 

“インターカラー”の名は、1960年に設立されたYamaha International Corporation=YICという日本楽器製造(現・ヤマハ株式会社)のアメリカ法人に由来する。YICはヤマハ発動機の製品販売も担当し、製品の優位性をアピールしようとアメリカ国内でのレース活動も推進。そのイメージカラーとして、1970年ごろから使い始めたのが、鮮やかなコントラストでよく目立つ、黄色地に黒いオビのグラフィックであった。黒いオビが白いスリットでブロック分けされ、鎖のように見えることから、当時、現地では「チェーンブロック」と呼ばれていた。
そして1973・74年連続でAMAグランドナショナル=ロードサーキットとダートトラックの総合チャンピオンとなり、世界GP500でも3連覇を果たしたケニー・ロバーツや、AMAスーパークロスで初代チャンピオンを獲得したピエール・カールスマーカー、その後継者でAMAスーパークロスとモトクロスで7つのタイトルを奪ったボブ・ハンナなど、キラ星のごとき英雄たちを続々と輩出。彼らの活躍のおかげで、1970年代半ばくらいから黄色と黒の「チェーンブロック」と言えば、「ヤマハ」というイメージを定着させたのである。
1977年、YICからモーターサイクル部門などが独立し、Yamaha Motor Corporation U.S.A.=YMUSが設立された際、「チェーンブロック」のグラフィックもそのまま継承。そのデザインはアメリカ向けの市販車に導入され、やがて世界中に波及。日本でもファンやマスコミの間で「ストロボカラー」や「ブロックパターン」などと呼ばれ、深く親しまれた。現在は、グラフィック名称が「スピードブロック」に統一され、ブルーとホワイト、レッドとホワイトなどのカラーバリエーションでも使われている。

 

このSRは1997年式をベースにしています。

またの機会に投稿しようと思っていますが、現在のうちのガレージで一番新しいのが2006年式TJという、、、

 

2006年、2001年、1997年、1994年、1987年、1985年。

ヴィンテージって言えるほどの年代でも無いので、ちょい旧。

TJ以外は全てキャブレター。(TJも電子制御はエンジンのインジェクションのみと言っていいです)

ミッションも全てマニュアル。

 

アナログ〜

Vespaが納車されました!

f:id:shonan_masaru:20180409102206j:plain

フルレストアした1985年式 Vespa PX200Eがやってきました。

色はブルームクリームというベージュ色で、160GS-Styleキットで160GSを再現し、キットには含まれていない160GS専用のパーツもふんだんに使用しました。

完全に新車クオリティ。

 

エンジンはフルオーバーホール。

パッキン、シール、ベアリング、ゴムパーツは勿論、クランク、シリンダー、ピストン、スターター、フライホイール、キャブレター、クラッチASSY、など主要パーツも全て新品パーツを使用。

赤いチャンバーがカッコいい。

 

f:id:shonan_masaru:20180409102815j:plain

佇まいがいいね。

 

f:id:shonan_masaru:20180409102931j:plain

f:id:shonan_masaru:20180409102952j:plain

f:id:shonan_masaru:20180409103012j:plain

f:id:shonan_masaru:20180409103036j:plain

各部のディティールがいちいちカッコいいな。

 

f:id:shonan_masaru:20180409103334j:plain

このお尻がたまらん。

ちなみにVespaはイタリア語でスズメバチを意味する。

 

f:id:shonan_masaru:20180409103445j:plain

P200Eには分離給油と混合があり初期型のみが混合仕様です。

うちのは分離給油のモデルなのでここにオイルゲージ窓がある。

手前はチョーク。

 

 

f:id:shonan_masaru:20180409104238j:plain

AQUILAシート。

 

f:id:shonan_masaru:20180409105051j:plain

もちのろんハンドチェンジとシンプルなスイッチ類。

フロントブレーキはワイヤー式なので力が必要。ほとんどリヤブレーキしか使いません。ww

 

増車増車でバイクがどんどん増えてしまっているけれど、乗りたいバイクに乗っておきたくて、、、そのためにAlfa4Cを売却しました。

VespaはPX125、150、GTS250が生産終了になり、最もVespaらしいハンドチェンジ&2ストに乗りたい!ってことで購入しました。(高かったー)

 

Vespaはどんな時に乗っているかって?

隣町のパン屋さんや近所のラーメン屋に行く時に乗ります。ww

 

画像追加!

f:id:shonan_masaru:20180409133647j:plain

バーエンドウインカー。

前からも後ろからもほぼ見えないので、あまり点けない。ww

 

f:id:shonan_masaru:20180409133811j:plain

SIPのデジタルマルチメーター。

 

f:id:shonan_masaru:20180409133909j:plain

エンブレムはリベット打ち。

 

f:id:shonan_masaru:20180409134034j:plain

リヤブレーキ。踵を常時センタートンネルの上に乗せて運転します。

 

f:id:shonan_masaru:20180409134057j:plain

レバーの先細っ!

 

f:id:shonan_masaru:20180409134156j:plain

エンジン。

ガレージをカスタム!

f:id:shonan_masaru:20180405171207j:plain

ガレージの壁面にサインプレートなどを貼りたいがコンクリートなので立掛けてるだけ。。。

 

というわけで、この壁面に有孔ボードを貼って、サインプレートやフックなどを自由に取り付けられるようにすることにしました。

と言ってもコンクリートにアンカーボルトを打ち込んでボードを直接取り付けるとなると、粉塵も凄いし、バイク達を一旦外に出すのが面倒。

そもそもコンクリートに穴を開ける振動ドリルを持ってないし。。。(ホームセンターで借りれるみたいだけど)

 

そこで、ボードを貼るのは棚の上の部分だけで十分なので、棚板と天井の間に柱を立てて、そこにネジ止めすることに。

 

f:id:shonan_masaru:20180405172106j:plain

購入した有孔ボードは5φ25ピッチの穴で、エイジングした木目調のもの。

920×1830で1枚5,950円のやつを3枚入手。

 

f:id:shonan_masaru:20180405172356j:plain

柱は1×4材の約910mmを6本購入。

価格は1本1,411円。

 

f:id:shonan_masaru:20180405172535j:plain

まずはワンバイ材の両端に突っ張りアジャスター金具を取り付け。

2個セットで1,080円を6セット購入。

 

f:id:shonan_masaru:20180405172827j:plain

その柱を棚板と天井の間に取り付けて、その柱に木ネジで有孔ボードを貼ります。

上面は天井にぶつけてます。

下面は棚との間に隙間が出てしまいますが、棚の上に物を置けば見えなくなるからいいよね。

 

f:id:shonan_masaru:20180405173113j:plain

f:id:shonan_masaru:20180405173147j:plain

1時間弱で完成!!

雰囲気良くなったし、サインプレートもガシガシとネジ止めできてスッキリ!